攻めと守りの「認証/ID管理」に関するマジセミでの講演情報

-2018年8月2日(木)開催-

「デジタル革命」と呼ばれ、ヒトやモノがネットワークで直接つながり、場所や時間、端末といった様々な制約を超えてデータがやり取りされる中、ネット上の個人の識別やデータやデバイスの正当性確認の必要から、企業では不正アクセスや内部不正のリスク対策の観点からも、認証やID管理は喫緊の課題です。また、働く中でどのように活用していくべきなのでしょうか。このような疑問に対しての課題解決手段や活用法について、株式会社オープンソース活用研究所主催によるマジセミ『デジタル革命時代の「攻めと守りの認証/ID管理」』が、2018年8月2日(木)に開催されました。本マジセミにて、当協会常務理事の山内徹が講演しました。

プログラム

13:30~14:00 受付
14:00~14:10 デジタル革命時代の「攻めの認証/ID管理」と、内部不正に対する「守りの認証/ID管理」(主催者挨拶) マジセミ代表
寺田雄一
14:10~14:40 パスワードが不要な次世代認証方式「FIDO」の
最新動向と活用事例
富士通株式会社 
サービステクノロジー本部 ポータルサービス事業部シニアマネージャー
揚田 昌人
14:40~15:10 共通ID基盤、API連携認証システムを取り巻く技術動向 株式会社オージス総研 
事業開発本部テミストラクトソリューション部マネジャー上席アーキテクト 
八幡孝
15:10~15:40 G Suite や Salesforce のユーザーをマスターにして、様々なクラウドサービスと認証連携する方法 GMOグローバルサイン株式会社 
赤坂佳威
15:40~15:50 休憩
15:50~16:20 最新のサイバーセキュリティ対策としてのアクセス管理と認証等 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC) 常務理事
インターネットトラストセンターセンター長
山内徹
16:20~16:50 日本の組織が取り組み始めたパスワードレス 株式会社ソリトンシステムズ 
マーケティング部 
佐野誠治
16:50~17:20 「認証基盤の構築って大変!」という常識を覆す、オープンソースベースの仮想アプライアンスで、オンプレでも簡単に認証基盤を構築 かもめエンジニアリング株式会社 
潮村剛
17:20~17:40 質疑応答
【講演資料のダウンロード】
【その他の講演資料】

ページの先頭へ戻る