サイバー法人台帳ROBINSに関するFAQ


Q:サイバー法人台帳ROBINSとは何ですか?

A:インターネット上の企業情報を掲載しているデータベースです。
オープンデータなど公知の情報、JIPDECが収集した情報をまとめて公開しています。
「企業に関する基本的な情報(正式名称、英文社名、住所、URL、メールドメイン等)」や資格情報、経営労務情報や表彰履歴などのアピール情報、各種宣言等のコンプライアンス情報等を「第三者(確認者)」が確認を行い、「信頼できる情報」を付加して公開しています。
また、有償で掲載して頂くと自社の信頼への取り組みをアピールすることができます。例えば、経営労務診断マークを通じて自社の労務管理への取り組みを対外的に示すことができます。



Q:サイバー法人台帳ROBINSに企業登録するメリットは何ですか?

A:対外的に自社のサイト以外で情報を発信することができます。例えば労務管理情報を掲載することで、採用などの際にアピールすることができます。



Q:サイバー法人台帳ROBINSに情報を登録したいのですが、どうすればよいですか?

A:登録する情報の正確さを確保するため、社会保険労務士や行政書士などの「確認者」の確認を受ける必要があります。




Q:確認者を知りたいのですが、どうすればよいですか?

A:確認者についてはこちらの「自社を正式登録したい」から検索いただけます。



Q:サイバー法人台帳ROBINSへ自社の情報を掲載する料金はいくらですか?

A:ROBINSへの情報掲載料は9,000円/年(税別)です。
企業情報の登録とともに社会保険労務士による労務管理の情報も同時に掲載する場合は、10,000円/年(税別)です。
確認費用は別にかかりますので、確認者にご相談ください。



Q:ROBINSビジネスレポートとは何ですか?

A:無料のユーザー会員登録をすることで閲覧が可能となるレポートです。登録はこちらから行えます。



Q:ユーザー会員登録をするとどのようなメリットがありますか?

A:法人番号や政府からの調達情報、労務環境情報、行政処分情報など、本来それぞれ別のサイトで公開されている情報が一元的に閲覧できます。


お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る