お客様事例

高セキュリティ・お手頃価格のUSBトークン、ICカードを提供しています!:
ICカード「IDPrime .NET」&ICカードリーダ/USB トークン 「IDBridge」

ジェムアルト株式会社
法人番号 1010401059872
サービス ICカード「IDPrime .NET」&ICカードリーダ/USB トークン 「IDBridge」
利用用途 クライアント認証
URL http://www.gemalto.com/japan/index.html

まず、JCAN証明書対応済みのソリューションと製品の魅力をひとことで教えてください。

クラウドサービスの利用を検討したり、導入が進み、企業内システムとの連携やセキュリティ面での課題がクローズアップされる中、スマートデバイスを社外から利用するケースも増え、企業ではより強固なセキュリティ対策が求められています。そこで、USBトークンやICカードなどのハードウェアを提供しているジェムアルト株式会社 セキュリティ事業部 部長の相原 敬雄様にJCAN証明書対応済みソリューションについて伺いました。

ジェムアルト株式会社
セキュリティ事業部 部長
相原 敬雄 氏

相原氏-
JCAN証明書対応済みのPKI対応ICカードの「IDPrime .NET」とICカードリーダおよびUSB トークンの「IDBridge」を提供しています。いずれも「高セキュリティをお手頃価格で提供していること」が魅力です。そのため、リモートアクセスでネットサービス企業様が利用したり、ネットで情報を提供している医療や経理などの企業様にもご利用いただいています。

では、「IDPrime .NET」や「IDBridge」とJCAN証明書を組み合わせる魅力は何ですか?

相原氏-
パブリックであるJCAN証明書をよりセキュアでよりよい運用手段を提供できます。また、専用のハードウェアを利用しますので、利用するPCを選びませんし、PC内に秘密鍵は存在しませんので、秘密鍵の紛失リスクも回避できます。

「IDPrime .NET」と「IDBridge」の特徴を教えてください

相原氏-
「IDprime .NET」はMicrosoftから配布されているミニドライバーに対応していますので、Windows XPからWindows8までのOSと関連サーバ上で導入しやすく、形やサイズ、オプション(※1)もさまざまなタイプを用意しています。基本は二要素認証(デバイスと暗証番号(PIN))ですが、暗証番号認証の代替機能や補足機能として指紋生体認証(Microsoft Windowsに統合された技術)で三要素認証を実現しています。また、「IDBridge」はICカードリーダおよびUSBトークンでほとんどのOSやICカードに対応し、ロゴや色などのカスタマイズも可能です。(※2)

※1 オプションは、ジェムアルト株式会社様のサイトをご参照ください。
※2 1,000個以上、有償オプション。

「IDPrime .NET」は、社員証としても利用できると思いますが、実績を教えてください。

相原氏-
全世界のMicrosoft社の論理・物理アクセス用の社員証として採用され、海外では政府機関や金融機関、大学、病院、ヘルスケア関連でも利用されています。(主要国:欧州の殆どの国、米国、インド、カナダ)その他の海外事例は弊社Webサイトで紹介しています。(※3)
国内での事例もいくつかございますが、リセラーパートナ先のサイトでPKIソリューションとして、事例などもご紹介いただいています。

※3 http://www.gemalto.com/brochures/

開発環境は特別なものが用意されているのですか?

相原氏-
ソフトウェア開発キット(SDK)により Visual Studioの開発環境上でICカード内のアプリケーションをPC上のアプリケーションを開発するようにできます。ICカードの専門知識を必要とせず、ICカード/USBトークンと連携するカスタム・アプリケーション開発が容易にできます。

では、最後に今後、JCAN証明書のベンダーとしてどのような展開に期待しているか教えてください。

相原氏-
ベンダー自体の信頼度が担保されて、さまざまなハードウェアでセキュリティ強度を業態や業務によって柔軟にご提供したいと考えていますので、JCAN証明書の普及とともにさらに弊社製品およびサービスの提供も広げていきたいと思います。

(2013年3月)

この記事に関連するキーワード

ページの先頭へ戻る