お客様事例

株式会社リンクスコンストラクションズ様

株式会社リンクスコンストラクションズ
法人番号 6021001047766
サービス ROBINS掲載
利用用途
URL http://linx-c.com/index.html

株式会社リンクスコンストラクションズ 
代表取締役 鳥羽 寛人様

【Q1】 株式会社リンクスコンストラクションズ様について教えてください

【鳥羽氏】当社は、神奈川県茅ケ崎市を拠点に建設工事全般及び建築設計を請け負う総合建設会社です。平成24年に社名を今の株式会社リンクスコンストラクションズに変更しました。この3年間で、売り上げは、30倍と、急激に業績が伸びています。
 さらに業績を向上させたいと考えています。このためには、インターネットを活用してお客様に当社の実績などを通して、当社を信用していただくことが必要と考えていました。

【Q2】ROBINSに掲載した決め手は何ですか

【鳥羽氏】インターネットで公表している情報はオレオレの情報でしかありません。お客様に信用していただくには、インターネットで出す当社の情報はオレオレではなく、信頼性を持たせたいと考えていました。そのようなときに行政書士の北川氏からROBINSについてご紹介がありました。
ROBINSは
・第三者(士業)による情報確認
・1年ごとの情報更新
という仕組みで、自社のホームページに掲載している情報の裏打ちになります。お客様にインターネット上から信頼できる情報を提供でき、当社が信頼できる会社であることを伝えられます。加えて、当社の急速な業績の伸びは、新たな取引先や金融機関に不安を抱かせてもいるようでしたが、ROBINSは第三者(士業)が確認した情報なので取引先や金融機関に対しても有効であると思います。

【Q3】ROBINSの情報とホームページとを繋ぐROBINSシールサービスがあります

【鳥羽氏】近々、ホームページを改修するのでぜひ使ってみたいと思います。ホームページが色々な情報源とリンクしていることは必要だと考えています。

ホームページとROBINS上の情報とを結びつけるものとしてROBINSシールというサービスがあります。ホームページにROBINSシールを貼り、シールをクリックすると、企業名称や所在地などの第三者(士業)が確認した情報が表示され、ホームページの信頼を向上できます。
※ROBINSシールの詳細は、ROBINSシール紹介ページをご覧ください。

【Q4】ROBINSに期待していることはありますか

【鳥羽氏】事業拡大のために客観性のある信用力の証として経営事項審査(以下、経審)※1を実施しています。その中でも財務に関する情報は茅ヶ崎市内の建設業の中でも高いレベルにあると思っています。せっかく得た客観性のある信用力の証を、もっと活用できればと思います。経審の結果は、特定の人しか利用していません。これをわかりやすくして、公開することでもっと役立てることができるのではないでしょうか。
 例えば、経審の情報をわかりやすく、ROBINS上で確認済み情報として公開できれば、企業の実績や実力を客観性のある情報としてアピールできるのではないかと考えています。

※1 経営事項審査 
公共性のある施設又は工作物に関する建設工事を発注者から直接請け負おうとする建設業者(建設業法第3条第1項の許可を受けた者をいう。)が必ず受けなければならない審査のこと。客観的事項と主観的事項の審査結果を点数化し、順位付け、格付けをします。

【Q5】最後に、一言お願いします

【鳥羽氏】ROBINSに掲載されて2年が経ちました。当社のお客様は現在、口コミや人づてのご紹介やリピーターの方々がほとんどです。今後、お客様を増やしていくにあたって信頼できる情報を公表していくことがとても重要であると考えています。ROBINSに掲載している自社情報をさらにリッチにして信頼ある会社としてアピールしていきたいと思っています。
 そのためにまずはROBINSシールを自社のホームページに貼ることで信頼をさらに高めることが出来るのではないかと期待しています。

(2015年2月)

この記事に関連するキーワード

ページの先頭へ戻る