お客様事例

存在日時の証明により、ファイルを安心して利用いただけます
「かんたん時刻認証サービス」

セイコーソリューションズ株式会社
法人番号 8040001079502
サービス かんたん時刻認証サービス
利用用途 文書の電子化
URL http://www.seiko-sol.co.jp/

セイコープレシジョン株式会社
システム事業部 ITサービス部 サイバータイムセンター マネージャ
中嶋 勝治 氏

インターネットの浸透で誰でも情報発信や受信ができ、情報格差が小さい社会が実現された一方で、著作権侵害や情報の不正利用、改ざん、偽造などが社会問題化しています。そこで、デジタルコンテンツの存在日時を証明することができるサービスと電子契約ソリューションを提供しているセイコープレシジョン株式会社(※1) システム事業部 ITサービス部 サイバータイムセンター マネージャの中嶋 勝治 様に「かんたん時刻認証サービス」とJCAN証明書を組み合わせるメリットについて伺いました。

※1 インタビュー当時(2013年3月)。2013年4月1日より本サービスは、セイコーソリューションズ株式会社から提供されています。

まず、「かんたん時刻認証サービス」の魅力とコンセプトをひとことで教えてください。

中嶋氏-
「クラウド型サービスとして提供しており、Web ブラウザ上でわずか3ステップで存在日時を証明できること」と「信頼された時刻を安心して、どこでも、簡単で安全にお使いいただけること」です。

では、「かんたん時刻認証サービス」とJCAN 証明書を組み合わせる魅力は何ですか?

中嶋氏-
従来の電子証明書に比べると安価で簡単に発行できるためコストを抑えてサービスを提供できるようになりました。単に電子化するということだけではなく、存在日時を証明し、Adobe Reader で改ざんの確認や発行元の確認が容易に閲覧できますので、よりファイルの流通を安全に行えます。

「かんたん時刻認証サービス」の特徴を教えてください。

中嶋氏-
データはファイル原本でなく、デジタルデータをもとに作成したハッシュ値のみが本サービスに送信されます。外部に開示すること自体できない企業機密データなども誰の目にさらすことなく安全に証明できます。また、知的保護や先使用権が必要な企業や大学向けのサービスやPAdES(PDF 長期署名、PDF Advanced Electronic Signatures)に対応したサービスやシステムへ組み込み利用する自動化ツールオプションもご用意しています。

利用するために必要なシステム構成の要件などはありますか?

中嶋氏-
お使いいただくPC では特別なシステム構成などの要件はありませんが、基幹システムと連動していることが多いため、情報システムと関連する作り込みが必要となります。

「かんたん時刻認証サービス」の他に「かんたん電子契約」を提供されていますが、これらのサービスとJCAN 証明書を利用した場合のメリットは何ですか?

パブリックなJCAN 証明書を使える安心感がありますし、取得費用も安価です。また、電子契約書のやり取りはもちろんですが、弊社はJCAN 証明書を発行するLRA(※2)でもありますので、電子証明書の発行からタイムスタンプによる契約日時保証をワンストップで提供しています。印紙代・郵送費用および関連する業務負担の削減に加え、電子証明書の取得費用を軽減することで、契約業務に係る費用を削減できます。
併せて、契約書はデータセンターに安全に保管しますので、BCP を実現し、紙の削減や契約書運送時のCO2 排出量も削減できますので、エコにもなります。

※2 LRA…Local Registration Authority(JCAN 証明書の本人確認および証明書の発行要求/配布等を行う事業者。)

では、最後に今後、JCAN 証明書のベンダーとしてどのような展開に期待しているか教えてください。

中嶋氏-
時刻認証や電子契約は、従来の「高い!」「面倒!」といったイメージとは違ってきていますので、社会的に認知されるよう一緒に協力してプロモーションしていきたいと思います。

(2013年4月)

この記事に関連するキーワード

ページの先頭へ戻る