JCANトラステッド・サービス登録(電子契約)-リモート署名版-

サービス作成の目的

最近急速に普及をしているクラウド上の電子契約サービスに対して、信頼できる電子契約サービスを検討することにしました。
信頼できる電子契約サービスの実現方法としては、サービス提供方針、実装方法とも多様であり、構成しうるあらゆる電子契約サービスに対し、満たすべき要件を網羅的に規定することは現実的ではないと考えました。そこで、電子契約をB2BあるいはB2Cの契約行為の中で、電子署名を利用し、電子文書のまま取り交わし、保管するものにフォーカスしました。またJIPDECは信頼の基点として、検討が進んでいるリモート署名の枠組みの利用が可能な電子署名を利用した電子契約サービスに限定して、JCANトラステッド・サービス登録(電子契約)-リモート署名版-の基準を作成しました。

JCANトラステッド・サービス登録(電子契約)-リモート署名版-が適用される範囲

このたび作成した基準が対象とする電子契約サービスにおけるシステムの構成イメージです。
JCANトラステッド・サービス登録(電子契約)-リモート署名版-はイメージ図中の<電子契約システム>として囲んだ、利用者管理、署名鍵管理、署名機能、文書管理を含む箇所が対象です。

JCANトラステッド・サービス登録(電子契約)-リモート署名版-の基準について

本基準を作成するにあたって、有識者の方々によるワーキンググループを設置しました。
本ワーキンググループで作成した基準をもとに、審査基準の項目を以下の要素で構成しています。

・総則
・全般基準
・利用開始段階の基準
・電子契約サービス提供段階の基準
・利用終了段階の基準
・契約条件
・利用者文書の保管に関する取扱い
・その他サービス事業者の役務

これらの要素に対して審査要件を作成し、JIPDECが審査を行い、JCANトラステッド・サービス登録を行います。
登録の審査基準項目はこちら

JCANトラステッド・サービス登録お申込みの流れ


JCANトラステッド・サービス登録お申込み(お客様)


必要書類などのご案内(JIPDEC)


書類の準備(お客様)


書類のメール送付(お客様)


書類審査(JIPDEC)※1


現地審査(JIPDEC)※2


審査報告書作成(JIPDEC)


JCANトラステッド・サービス登録完了/登録証の発行



※1:書類審査により指摘事項があった場合には、指摘箇所を修正し再度書類審査を実施します。
※2:現地審査により指摘事項があった場合には、指摘箇所を修正し再度現地審査を実施します。

ページの先頭へ戻る