JCAN証明書

JCAN証明書は、インターネット上の企業内個人の証明書であり、所属する組織や役職などを証明することができます。JCAN証明書を用いることで、インターネット上の脅威である、電子文書の改ざん、なりすまし等を防止することが可能となります。JCAN証明書の用途は、電子契約、紙文書の電子化、メールなりすまし対策等に広がっており、JCAN対応アプリケーション数は急速に伸びてきています(2017年3月現在:39社54アプリケーション)。

JCAN証明書の主な用途

ページの先頭へ戻る