2月23日(金)開催「政府における法人番号の利活用と今後の展望」に関するシンポジウム~JIPDEC 山内 徹の講演資料の公開

2018年02月26日

一般財団法人日本情報経済社会推進協会

2018年2月23日(金)に経済産業省主催で、政府の法人情報の利活用促進と今後の展望に関するシンポジウムが開催されました。本シンポジウムにて、当協会の常務理事・インターネットトラストセンター長の山内徹が「サイバー法人台帳(ROBINS)と法人インフォメーションの連携と今後の展望について」と題しまして、法人情報を活用した当協会の各種サービス(ROBINSビジネスレポート、経営労務診断サービス、安心マーク)を紹介し今後のサービス向上に向けた政府への期待等について講演を致しました。
本シンポジウムにおける、当協会の講演資料は以下よりダウンロードいただけます。

講演資料ダウンロード

ページの先頭へ戻る