ROBINS活用方法

物品調達時の取引先確認

物品やサービスの購入、提供において、販売しても問題ない企業であるか、サービスを受けても良い企業かを判断するためにROBINSの行政処分情報や調達データ、登記データを閲覧し取引を開始するための手段として活用。

採用サイト運営事業者

就職サイトのデータベースとROBINSを連携することで、経営労務診断サービスの情報を自動で取得する仕組みを構築。
転職、就職希望者が就職サイトで企業を検索した際に、該当の企業の表示情報として経営労務診断の情報が表示されると、昨今話題のブラック企業か否かを判断する手段として活用。

賃貸不動産会社

賃貸不動産の契約者希望者の勤務先確認として利用。
契約時に申告してもらう勤務先が存在している企業であるかなどの確認方法として活用。

法人クレジットカード発行事業者

法人向けにクレジットカードを発行の際に、発行を希望している企業を活動状況などを確認して、発行を行っても問題ないかを判断するための手段として活用。

今なら登録は無料です

ページの先頭へ戻る